2014年03月19日

うんちく

1円玉というと何か買い物をした時の端数処理としてぐらいしか

使わないような気もする。お釣りで帰ってくる1円玉をすべて

募金箱に入れてしまう人がいるぐらい、世の中の人はあんまり

気に止めてない硬貨かもしれない。


しかし、1円玉には意外と雑学が多くあるのだから侮れない。

まず一つ、1円玉を製造するためにかかるコストは2円である。

材料費やその製造費用、人件費などを含めると1円玉1枚あたり2円

ほどかかるのだそうだ。つまり作れば作るほど赤字ということになる。


そして二つ目、道端に落ちている1円玉を見つけて拾おうとする人が

いるかも知れないがちょっと待て欲しい、実は1円玉を拾うために消費されるカロリー

、これを円に換算すると約3円分とされているのである。

つまり道に落ちている硬貨を拾うのは5円玉、もしくは1円玉3枚以上

からじゃないと割に合わないのである。 うんちく王より。
posted by 貝塚店 at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする